03月
12
2018

【にいはま民報 冬号】をごらんください/愛媛県新居浜市 日本共産党市議団

【にいはま民報★冬号】が、後援会員の手により配られています。

お手元にとどきましたでしょうか。

 

2017年12月市議会では、小学校給食の施設整備基本計画(案)、議員の口利きと市民要望等の記録制度について、日本共産党の井谷ゆきえ・岡崎ひろし両市議がそれぞれ一般質問と討論を行いました。詳細をお知らせいたします。

 

****************************

 

市民に優しい新居浜市政へ

口利き・市民の要望➡記録し公開を

 

【岡崎議員質問】

全国の議会で、議員のパワハラ(パワーハラスメント=職場の権力を利用した暴力・暴言)が問題になっています。

新居浜市でも、現に存在しています。

市役所では記録していますか。

議員の口利きや市民の要望等、記録を制度化し公開する条例をつくってはいかがでしょうか。

 

【答弁】

現在、統一的な記録制度はない。

議員との関係でも暴言・パワハラがあったという報告はない。

制度については、今後、検討していく。

dog

 

委員会での市職員に対する暴言・パワハラが!

 

【質問】

先の決算委員会でのことです(市職員・議員等50人以上が参加)。

職員に対し、ある議員が「やめー!」と大声で怒鳴りつけました。

何の権限があってそんなことを言うのでしょうか。

また、その議員は、以前の予算員会(50人以上が参加)でも答弁が気に入らなかったのか、職員に対し「なめとんか!」と大声で怒鳴りつけました。

そして、それを注意した私に飛び掛かってきました。

幸いにも2人の議員が間に入って事なきを得ましたが。

これらは明らかにパワハラです。

民主主義のシンボルであるべき議会で、決してあってはならないことです。

大変恥ずかしい限りです。

 

職員を守ることは市民を守ることになる

 

庁舎内におけるパワハラ問題について専門家は、「議員は、選挙で選ばれたことを理由に、行政は自分たちの言うことに従うべきだと考えがちだ。一方で行政の側にも、議会運営をスムーズに行いたい気持ちがある。本来、行政と立法は対等な立場であるべきだが、議員と自治体職員の間にある上下の意識が口利きに結びつく背景にある」と指摘しています。

 

日本共産党は、二度とこのようなことが起こらないよう、他の議員や職員、市民のみなさんと力を合わせます。

暴言・パワハラを含めてすべて記録・保存し公開することが不当な問題を未然に防ぐ効果があると考えます。

ぜひ条例化して市民に優しい市政をつくりましょう。

*************************

 

 

子どもよりコスト優先でいいの?

★新居浜の宝★ 「自校方式の給食をなくさないで!」

 

【井谷質問】

小学校の給食室をなくし、新たに2カ所の給食センターを建設することは、究極のコスト削減・子ども犠牲への大転換ではないでしょうか。

もっと保護者や学校関係者の声をしっかり聴いてください。

 

「給食設備基本計画(案)」では、建築コスト、ランニングコストを減らし、栄養士・調理員・正規職員を減らそうとしています。

センター方式では、食べる人と作る人を遠ざけ、食育を後退させてしまします。

これでは、子どもよりコストを優先した計画案と言わざるを得ません。

食中毒のリスクや災害時の対応としても、明らかに自校方式の方が安心です。

 

【答弁】

センターを選択した第一の理由は、可能な限り早く整備を行う必要があるため。

決してコスト優先ではない。

財政負担が軽くなり、給食施設以外の学校施設や教育環境の整備を図ることも可能となる。

周知については、2013年の検討委員会で学校関係者が参加し、それぞれの組織に持ち帰って協議をしていただいた。

食育については給食のみで行うものではなくESD(持続可能な開発のための教育)などで職の大切さを伝える。

 

 

◎子ども優先で!

現在は、経済優先ではなく子ども優先の政策で、人口を増やすべき時代です。

子どもを大切にし、とてもおいしいと全国でも評判の新居浜市の自校給食を残すことこそ、求められているのではありませんか。

 

 

保護者・先生の意見を聞いてきました!

市は、今年1月12日まで実施したパブリックコメント(意見公募)を参考にして、3月末までに基本計画を決定するとしています。

給食センターの供用開始は、5〜7年先です。

日本共産党の井谷ゆきえ・岡崎ひろし両市議は、学校や地域で「声」を聞いてきました。

 

ママ

「えー!ひどいねぇ。子どもの数を増やさないかん時に、子どもにお金かけんでどうするん!」

 

男性 

もしも異物混入や食中毒などが起きた場合、どのような連絡ルートで知らされるのか?連絡を受けた時には、すでに食べてしまっていたなどという事になるのでは?

 

保護者

近くの地区でまとめたらどうですか?

中萩は人数が多いので小中学校と特別支援学校をまとめたら?

 

怒り

センター3カ所では、食中毒のリスクが高すぎるよね。

もし1カ所でなにか起こったら、大変だし!

 

*************************

 

 

体育・文化施設の使用料が値上げに!

日本共産党 値上げに反対しましたが…

 

かねてより懸案の「値上げ」問題。

今回「家庭ゴミの有料化」は回避されましたが、体育・文化施設の使用料を最大150%値上げする議案が提出されました。

日本共産党の井谷ゆきえ・岡崎ひろし両市議は反対しましたが、賛成多数により(4パージ表参照)、可決してしまいました。

 

neage

 

井谷ゆきえ市議 反対討論(要旨)

 

私は、市民のスポーツや文化に関する使用料を値上げすることに、反対します。

山根

山根グラウンド

 

【グラウンド照明施設使用料】

若者たちが仕事を終えて夜、グラウンドを利用しスポーツに親しんでいます。

それを見て「照明代をもっと出すべきだ」などと考える市民はいないと思います。

 

「スポーツ基本法」(2011年8月施行)には、

「スポーツを通じて幸福で豊かな生活を営むことは、すべての人々の権利である」

とあり、前文にも

「健康で活力に満ちた長寿社会の実現に不可欠」

であると明記されています。

 

だれもが気軽にスポーツを楽しめるようにするのが、行政の役割ではないでしょうか。

 

 

【文化センター使用料】

文セン

新居浜市民文化センター

 

1974年に開館した文化施設です。

使用料を、最大150%も値上げするのは、市民が納得しないのではありませんか(上の表をごらんください)。

 

実際には、スポーツや文化活動をやりたいと思っても、

「忙しい、時間がない、お金がない、施設が遠い」

などの理由で、できない現実があります。

 

市は、率先して若者や高齢者がスポーツ・文化に親しむ環境を整えるべきなのに、使用料を上げるなどは、本末転倒です。

さらに、「値上げに賛成する人はいないから」と、市民の意見を聞かないのは、大きな問題です。

 

*************************

 

 

元旦

(左から)井谷ゆきえ市議・岡崎ひろし市議

2018年元旦宣伝にて

 

【ごあいさつ】

今年は安倍政権の憲法改悪が、いよいよ本格化します。

アベノミクスや一億総活躍社会など、目先をごまかしながらねらっているのは、平和憲法です。

 

あの悲惨な第二次世界大戦の教訓から国民がやっと手にした「平和憲法」。

市民の手で、今こそ、改憲発議をゆるさない大きな世論を起こそうではありませんか。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

keisen

 

平和憲法をまもり活かそう

安倍政権の「戦争する国づくり」やめさせる世論を!

 

〃法9条3項に自衛隊を書き込むだけ?

いいえ。

自衛隊は2項の制約=「戦力を保持しない」「交戦権を認めない」から解き放たれ、海外における武力行使が無制限となります。

その結果、2項が無意味になってしまうのです。

災害時に懸命に人命を助けてきた自衛隊員を、無駄に戦争に駆り立てることになってしまいます。

 

 

右翼団体「日本会議」のシナリオ通りなの?

はい。

軍国主義の日本を「美しい国」であったとする右翼団体「日本会議」が主導しています。

日本会議ブレーンの一人は、「速やかに9条2項を削除するか、自衛隊を明記した第3項を加えて、2項は空文化させるべきだ」と、語っているのです。

 

 

◆峩杁淹態条項」でどうなるの?

木村草太氏(首都大学東京教授)は、「内閣独裁条項」だとして危険性を訴えています。

総理大臣は「緊急事態」を宣言し、法律と同じ効力の政令を制定することができます。

そして、国民の民主的権利を制限・はく奪していくことにつながります。

「災害対策」というなら、現行法で可能です。

 

posuta-

 

★全国3,000万人署名に ご協力ください★

「憲法9条を守り平和・人権・民主主義が生かされる政治の実現を」署名にご協力ください。

 

 

hosi2017123

 

*************************

以上です。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



サイト内検索

カレンダー

Su Mo Tu We Th Fr Sa
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

新着記事

更新履歴

携帯サイトはこちら

qrcode

フィードetc.