08月
05
2017

8月4日 【市議会報告会】をおこないました! 日本共産党☆新居浜市議団

2017年8月4日 市内公民館において、市議会報告をおこないました。
報告は、井谷ゆきえ市議と私です。

司会は、石井さん。
初めに、地域代表の石井さんが、
「気温35度の蒸し暑い中、23名ものご参加、ありがとうございます。わたしたちがくらしを守るためには、政治を知っていく必要があります。今日は、二人の市議にお話ししていただき、そのあと、なんでも質問・要望をお話しください」
と、開会のあいさつ。

まず、私が報告しました。
高津 岡崎

この6月市議会で問題となり、一般質問で問いただした三つの値上げについて。
市民生活が苦しい中、値上げや有料化は許せません。

第一に、下水道料金の値上げです。
答弁は、「ずっと上げていなかったから」上げるとのこと。
しかし、現在でも「高い!」と悪評の下水道料金を、これ以上、上げていいのでしょうか。

第二に、各種施設の使用・手数料の値上げ。
「市役所窓口の手数料は上げない」との答弁でしたが、例えば体育館や文化施設は、市民のくらしを支え、大事な心と体をはぐくむ大切なものです。
気軽に体力をつけて健康に気を付け、心を豊かにしていくことができれば、もっと医療費も下がるはず。
市民のための施設の利用を市民がためらうような使用料ではダメだ、と反対しました。

第三に、家庭ゴミの有料化です。
これは、2007年に一度有料化されそうになりましたが、市民の反対が強く、日本共産党のアンケートも力になり、有料化は中止となりました。
それをまた、持ち出してきたのが石川市長です。
自治事務として、ゴミの処理を行うことが定められています。
つまり、有料化は「税金の二重取り」となるのです。
「目的は、ゴミの減量」との答弁でしたが、有料化すればゴミはほんとうに減るのでしょうか。

西条市などで暮らす方からは、「不法投棄がほんとうに増えた。家族が多いので、ゴミ袋を追加で買うのがたいへん」との声が聞こえてきます。
市長も、「有料化せずにゴミを減らすことができれば、それが一番」と述べました。
市民が協力してゴミの減量を実施し、有料化の道をストップさせていきましょう。
と、訴えました。

次に、井谷ゆきえ市議から報告。
高津 井谷
第一に、国保の県単位化について。
これは、国保料の値上げと医療費の削減がねらいです。
「いったいいくら高くなるのか?」と、市民からは不安な声が聞こえてきます。
市民の負担を増やすことは許されないと、問いただしました。

第二に、小学校給食室が老朽化して建て替える問題。
学校にとっても、子ども・先生にとっても、今の自校方式が最高です。
災害時には、避難場所ともなり、炊き出しがすぐにできることで、市民にとっても最高です。
ぜひ、センター方式ではなく、自校方式を守ってほしいと、要望しました。
他市では、センター方式から自校方式に変更しているところも出ています。
「子どものため、災害対応のため」を考えれば、自校方式にせざるをえません。

新しく建て替える場合、ドライ方式(乾式)にするために敷地が多く要るというのですが、二階建てにしたり、工夫してコンパクトにしている市もあります。

第三に小中学校給食費の無料化について。
いま、子どもの7人に1人が貧困と言われています。
食育の一環として、また、子どもの唯一の完璧な食事として、学校給食が成長を支えている現状です。
ぜひ、4億円ほどでできるので実施してほしいと要望しました。
市からは、「多子(第3子以降)世帯への補助を、昨年から実施したところなので、ほかに優先すべき課題を実施していきます」との回答。
「子ども食堂」などで命をつないでいる現状をわかっているのでしょうか。
給食
第四に教育費について。
憲法26条では、「義務教育は無償とする」とあります。
どこの家庭に生まれても、だれもが無償で義務教育を受けられる社会に、ご一緒にしていこうではありませんか。予算をつければ、すぐにでも実施できます。
と、報告しました。
次に、参加者からの質問や意見、困ったことなどを出していただきました。

●市が給食室をセンター化する一番の理由は?
●労働者派遣法の改悪をやめさせ、元に戻したら、賃金も上がっていくのではないか。
●家庭ゴミの有料化には、ぜったい反対です!(主婦のみなさん)
●年金が下がって介護保険料が上がって、ほんとに苦しい。
●早く下水道を通してほしい。
●みんなでゴミの減量をして、有料化をストップさせればいい。コンポストの普及を。
●川東にも温水プールをつくってほしい。毎日、気軽に運動できるところをもっと増やして。
●体育館の運動コーナーは、ほんとうによい。健康のため、みんなもできたら行ってみて。
●ぜひ、このような報告会を、季節ごとに実施してほしい。
●敷島通の、高津交差点が、事故ばかり。なんとかてほしい。

それぞれ、井谷市議と私が回答していきました。
最後に、私から追加で、
「ぜひ、75歳以上の医療費無料化を実施させて、みなさんが安心してくらせる新居浜市にしていきたいと思います。15億円あればできます」
と発言すると、
「ほうよ、75歳以上過ぎたら、検診も、受けても受けんでもええゆうのはいかん」と女性が発言。
拍手がわきました。
閉会あいさつを石井夫人より。
「今日は、ほんとうにご参加ありがとうございました。ぜひ、こういうことをしていると、ご近所、お知り合いにひろげてください。また、困ったことがあったら、いつでも市議にご相談ください。各課につないで、ご一緒に解決してくれるでしょう、たぶん」と締めました。
 



サイト内検索

カレンダー

Su Mo Tu We Th Fr Sa
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

新着記事

更新履歴

携帯サイトはこちら

qrcode

フィードetc.