11月
21
2016

四国中央市議選で日本共産党の3名が、みごと当選! 

定数が4も減らされて心配していた四国中央市議選。

日本共産党の3名が、みごと当選!の連絡が、開票当日の夜中に届きました。

四国中央

(前列左から)ひだか裕輔さん、青木永六さん、三好ひとしさん

 

 

やはり四国中央はすごい!

青木永六さん(66)、三好ひとしさん(64)の2氏が現職で、新人のひだか裕輔さん(35)が三谷つぎむさんの後を継ぐ形で、立候補。

 

3名それぞれのたたかい方は違いますが、根底にあるのは「市民のいのち・くらし一番の市政へ」ということ。

中学校卒業までの医療費無料化は、昨年10月から、県下で初めて実施されました。

さらに、高校卒業まで伸ばそうとしています。

新居浜市も、これにならって、高校卒業までの無料化を実現したいと思います。

 

住宅リフォーム助成制度も、市民と共産党との共同で要望し、早くから実施されました。

この、補助金額をさらに増やそうというのが公約です。

 

国保料の引き下げはまったなしです。

なんといっても県下一高いそうです。

ひとりあたり1万円の引き下げを実現するために、議会でがんばってこられました。

新居浜市の一般会計からの繰り入れを引き合いに出す候補者も、いました。

市民にとって良いことは、どんどん競争してでも取り入れていきたいと、私も思っています。

 

ほんとうにおめでとうございます。

私は、ハンドマイクや政党カーで走りまわったり、ビラを配ってコケでこけたりしながら支援をしました。

 

四国中央市と連帯して、どんどん市民本位の政策を実現していきたい、と強く決意した夜でした。

 

 

 



サイト内検索

カレンダー

Su Mo Tu We Th Fr Sa
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

新着記事

更新履歴

携帯サイトはこちら

qrcode

フィードetc.