11月
26
2015

【憲法9条を守り安保法制をなくす新居浜の会】宣伝しました/11・19@えひめ

11月19日(木)朝7時から8時の間、新居浜市裁判所前で「戦争法はいますぐ廃止!憲法9条守れ」宣伝を行いました。

佐々木龍前市長、白石洋一前衆院議員、石川稔県議、井谷幸恵市議、岩本和強市議、米谷和之市議が参加し、市民らと共に私もリレートーク。
2か月たっても全然収まるどころか、市民に広がる「戦争法反対!」の声を代表して、訴えました。

若者も、子どももお年寄りも反対している、この安保法制をなくすまで、私たちの会「憲法9条を守り安保法制をなくす新居浜の会」はがんばります。
ご支援よろしくお願いいたします。
1119
なお、この宣伝行動は、「愛媛民報」(11月29日付)に掲載されましたので以下に転載させていいただきます(写真も)。

【私たちの力で戦争法廃止に!】
ーー強行採決から2か月、各地で宣伝行動。自分の言葉で、思いや決意を訴える

新居浜市…午前7時、新居浜市の裁判所前では、超党派でつくる「憲法9条を守り安保法制をなくす新居浜の会」が宣伝行動。
28人が参加し、共産、民主、社民、無党派の議員や元議員、青年らが安保法制廃止を訴えました。

22歳のAKARIさんは、
「いま毎日、パリの同時多発テロのニュースが流れています。
日本も、それを他人事とは言えない道を歩もうとしています。
自分に関係ないことだと思っていることが怖いことだと思うんです。
いまの大人の無関心は、子どもたちが責任を取ることになります。
そんなことを私はしたくありません。
学ぶことをあきらめたとき、私たちは都合よく使われることにしかなりません。
できることをできる人が、きっとよりよい世界を作っていくと信じています。
だから私は、学ぶことをあきらめません。
関係ないと感じがちな人が、少しずつ学んでいくと世界は変わっていきます。
一緒に学んでいきましょう」
と自らの思いを真剣に切々と訴えました。


11192
2015.11.19 強行採決から2か月、怒りの宣伝行動



 
 



サイト内検索

カレンダー

Su Mo Tu We Th Fr Sa
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

新着記事

更新履歴

携帯サイトはこちら

qrcode

フィードetc.